TOPページ

佐久間町の伝統的なイベントとなりました


佐久間町の町おこしのイベントとして始まりました。毎年1月第三土・日に開催され、
今年は22回目、令和の新時代に入り初の開催となります。令和2年1月18日(土)・19日(日)
佐久間歴史と民話の郷会館の駐車場で行われました。
全国の蕎麦どころから、参加をしてもらい、蕎麦の味の食べ比べを堪能してもらうイベントで、
今年令和2年は福島県・岐阜県・地元の県内外8店舗が出店しました。

今年もSBSラジオのご支援により、18日(土)公開生放送「樹根爛漫ラジオ」で会場より会場の模様が
発信されました。この時期北遠の風物詩としてすっかり定着してまいりました。
来場者もまずまずのイベント日和に恵まれたこともあり、昨年並の6、500人を迎えました。
又、NPO法人「がんばらまいか佐久間」が中心となり、蕎麦の里 佐久間 のブランド化を
目指し、畑作り、種まき、収穫、粉まで、各方面の協力を得ながら進めています。

平成22年度から、「そばパートナー制度」を始め、都市部との交流と生産拡大を協働して行う目的
で行っております。令和元年度は6組60人が参加し、共に汗を流しそばづくりを楽しんでおります。


        

そばまつり今年2020年のそばまつり開会式

そばまつり今年2020年のそばまつり全景

そばまつり今年2020年のそばまつり会場の様子

そばまつり今年2020年のそばまつりボランティア活動の様子



問い合わせ

NPO法人がんばらまいか佐久間

TEL:053−965−1100


 目次のページへ戻る