TOPページ

佐久間


その186:新そばまつりメディアの発信力

芝生
久しぶりの更新です。
1月19日(土)・20日(日)
の両日今年も佐久間新そばまつり
が開催されました。。
今回で21回目の開催となり
ます。地元企業・団体。個人の
の皆さんからの協賛金の支援を
得ての開催です。開催経費の
4分の1が協賛金で成り立つ
イベントです。20回を誇る
歴史の重みと支援の輪に背中
を押されての使命感が支えと
なっています。

芝生
今回は実行委員長である大見理事長
のご子息が静岡新聞社の営業部に在籍
していることから、その彼からの企画
提案で19日(土)13:00から
SBSラジオ公開生放送番組をまつり
会場で行うことにになりました。
仕掛け人は大見拳也氏、その人です。
地元へ少しでも貢献したいとの熱い
想いでこの企画を持ち込んでくれま
した。直ちに実行委員会に諮り、
この提案に乗ることにしました。
当方の負担は毎回静岡新聞に開催広告

芝生
を出す経費分のみと言うことで今回の
企画が動き出しました。
昨年の12月初旬のことでした。
事前の番組PRも継続されたようで
その効果は絶大でありました。
番組担当者との何回かの打ち合わせ
後当日を迎えました。
番組名は「樹根爛漫」2時間の公開
放送は樹根さんテンポの良いの進行で
進みました。初日としては過去最高
の来場者数4,000人を記録し
ました。好天気にも恵まれ絶好の
イベント日和となりました。

芝生 この番組の発信力2日目の日曜日に
その力を発揮致しました。
生憎の小雨模様は終日途切れること
なく続き出足を心配しました。
しかし、雨にも関わらず来場者
途切れませんでした。雨の影響もあり
2日間では昨年より若干減少しました
が、6,500人を迎えることが
できました。2日目は間違いなく
前日の放送効果があったと考えて
おります。メディアの発信力の凄さ
をまざまざと感じた2日間でもあり
ました。
もし晴天であったなら、収拾がつかない

芝生 程の来場者が・・・
こんな声も多くありました。
とにもかくにもく拳也氏に感謝、感謝・・・

写真上段 :開会式直前で後方に番組の
      準備がされています

写真中段上:新そばまつり会場全景

写真中段中:会場の風景

写真中段下:大見理事長のインタビュー出演
      真ん中が樹根さんです

写真下段 :中学生ボランティアの活動


                               2019年2月4日






 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る