TOPページ

佐久間


その182:今年の茶摘み事情とある出会い

茶摘み
GWの最中、今年も佐久間では
茶摘みのシーズンとなりました。
今年は静岡県全体でも10日から
2週間早い摘み取りとなっていま
す。佐久間もその例外ではありま
せん。例年ですと、私の茶摘みは
5月10日過ぎに行っております。
今年は休みを取る関係から、GW
前半の29日、30日にかけて
行うことにしました。組の老松
さんは霜の被害に遭ったことも
あり、GWの最後6日頃を予定
しているとのことです。
初めて、先に摘み取ることになり
ました。もう4、5日ずらした方
が摘み取り量が5キロ〜10キロ
多く摘み取りが出来たと感じてお
りますが、新芽の状態は今年の
方が良いような感じがします。

理事長
結果は15キロの収穫でした。
近所にお裾分けと自分で飲む分
が確保できれば、この茶葉の量
で十分です。
摘み取りをしていた29日の日曜
突然家を借りている親戚だと言う
60代のご夫妻とご子息が名古屋
から、お見えになりました。
お借りしている水掛さんのお母
さんの甥の方で、子供の頃よく
遊びに来ていた家を見に来たと
言う。これが最後の機会になると
の想いで足を向けたと言う。
ご自身の母さんから、茶畑は荒れ
放題になっているのではと聞い
ており、そう言う先入観で来た
と言っておりました。茶畑を案内
してあげました。石田さんと言い
ます。

理事長 摘み取り前の青々とした茶畑
を見て、子供の時の茶畑のまま
だと、感動しておりました。
写真を撮って良いかた言うので、
「どうぞ、どうぞ」言いました。
この写真をお母さんに送ると言う。
盛んにいろんなアングルから写真
に収めておりました。
良い出会いをした一日でもあり
ました。記念に栽培中のわらびを
お土産にお渡しをしました。
奥さんも感激しておりました。
気軽にお出かけ下さいと、連絡
を取り取り合えるよう交換を
しました。お茶畑が取り持つ
出会いでもありました。石田さん
ご家族も良い思い出を作って
名古屋にお帰りになったので
はないかと思います。


    写真上段・中段:石田さんが撮っていた茶畑(摘み取った後です)のアングル

    写真下段   :お土産の差し上げたワラビ畑




                               2018年5月5日






 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る