TOPページ

佐久間


その1: 最初の一夜は湯谷温泉

   湯谷温泉

佐久間にやって来たのは、1月4日のまだ松の内 でした。
こちらで、係るログハウス事業の立ち上げ式が、
仕事始めからあること、荷物搬入の経費節約もあって
長男の車(ワンボックスカー)に1週間分の最低限の、
生活用具を積み、妻と長男三人でやってきました。
妻と長男はせっかくの遠出です。
楽しまない手はありません。
のんびり、ドライブを満喫しながらの旅気分。
荷物をこれからお世話になる家に運び入れた後、予約しておいた
車で30分ほどのところにある湯谷温泉(奥三河)向かいました。
1300年の歴史を誇る温泉に入り、おいしい食事に満足しながら、
久ぶりの家族旅行を楽しみました。

こうして、佐久間の初日は暮れてゆきました。
翌5日は、佐久間 早瀬の家に戻り、集落の組の人達に、
三人で転入の挨拶をし、妻と長男は東京に戻っていきました。
後で聞いた話によると、二人は8年住んだ浜松(旧市内)を
懐かしみ、近所の友人を訪ねたり、住んだ家を見たりして 帰ったそうです。
私は、荷物の整理と掃除に追われ、いよいよ一人の生活が スタートしました。

2007年1月



その1 :最初の一夜は湯谷温泉         その11:茶畑 から その20:冬の蛍  まで
     
その2 :縁側からの眺望              その21:自然薯 から その30:八重桜に鶯 まで

その3 :竹の風呂                   その31:山のフキ から その40:早瀬の花火 まで 

その4 :佐久間・浦川の桜も満開         その41:ゴーヤの生命力 から その50:晋山式 まで 

その5 :ウグイスの鳴声               その51:加藤登紀子コンサート から その60:川合の山桜 まで 

その6 :新緑の昼神温泉              その61:白菜の花 から その70:浅知恵 まで 

その7 :新茶の季節                 その71:たった一つの次郎柿 から その80:ウグイスがやって来た まで 

その8 :オーディオへの夢              その81:天竜川(暴れ天竜)の本質 から その90:茶畑のその後(茶畑:その4) まで 

その9 :梅の木                    その91:夏みかんの木 から その100:我が15%節電の中身と想い まで  

その10:紫陽花                    その101:梅ジャムへの挑戦 から その110:佐久間新そばまつりへの想い まで   

その111:新ふるさとの森づくりへの夢      その111:新ふるさとの森づくりへの夢 から その120:干し柿三態 まで    

その121:東京杉並・建仁寺垣U         その121:東京杉並・建仁寺垣U から その130:生きている喜び(春・桜4景) まで    

その131:待望のワラビ                その131:待望のワラビ から その140:この秋の展開結末はU まで     

その141:耕作再開途上               その141:耕作再開途上 から その150:ミニトマト栽培記 まで      

その151:じゃがいも栽培記             その151:じゃがいも収穫記 から その160:「実りの秋、もう一つの楽しみは?」の続編 まで      

           
その161:「実りの秋、もう一つの楽しみは?」の続編の顛末     その171:今年も鮎飯が から その179:今年も干し柿が まで      






 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。



  目次のページへ戻る